アテニアクレンジングは目的別、部位別に選ぼう

アテニアクレンジングは目的別、部位別に選ぼう

クレンジング剤とひとことで言っても、オイルタイプ、ジェルタイプ、ローションタイプ、拭き取りタイプ、部分メイク用と種類は様々です。

 

アテニアクレンジングはオイルタイプになります。

 

それぞに特徴がありますが、一般的にオイルタイプは洗浄力は強いけど、オイルなのに実は乾燥肌を招きやすいのが特徴。

 

アテニアクレンジングは、その点を解消し、乾燥肌の方でも安心して使えるようになっているのです。

 

ジェルタイプは刺激は少ないけれどその分、メイク落としとしては弱いところがあります。

 

ローションタイプはコットンに沁みこませて使うのが一般ですが、アルコールを含むものは目に入ると沁みたりします。

 

部分メイク用のものは当然顔全体に使うものではないので、部分的にはよく落ちるけれど、別のクレンジングと合わせて使うのが少々手間です。

 

私はオイルクレンジングを使用していましたが、まつ毛エクステンションをしたら、オイルクレンジングは禁とのことでジェルクレンジングに変えました。
しかも目の周りは優しく、なるべくこすらず指先でなでるようにメイク落としをするように言われています。
ジェルクレンジングにしてから乾燥肌は改善しましたが、低刺激である分クレンジング後にタオルで拭き取ると、メイクが残っていることが多いです。いくら肌に刺激が少なくともメイクが残っているのではその影響があるのではないかと気になり、最近では鼻から上はジェルクレンジング、鼻から下はオイルクレンジングと二つ合わせて使うことにしました。加えて、コットンタオルでアイライナーをなでるように拭き取っています。
面倒ではありますが、今のところこの方法が一番のような気がします。
クレンジング剤は目的や肌質に合わせて選ぶことと、部位によって変えるのも一つだと思います。